FC2ブログ

DUST514のウィキというかブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

津市半田の寝仏・軍事工場跡地廃坑

やぁ、二日続けての連投
今回はDUSTに関係ないので、と予め。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私はにわか廃墟好き
ということで今日は一日休みだったし友人と二人で廃坑探しにいってきた!

んでま、どういう廃墟なのかというと…
津市は県庁所在地ということで都市部は寂れつつまぁ人口が多いものの、少し外れると団地だらけだったり田んぼが沢山
ということで竹林に覆い隠された軍事抗があった
戦後奈良県の宗教団体が買い取り、張り巡らされた廃坑を宗教施設に改装しようとするものの資金難に陥り、でっかい大仏だけ放置して撤退。
そして長年放棄されていた巨大廃坑なのだが、鈴鹿から津にかけ大規模バイパス工事が一気に施工されており、なんらかの団体がいたるところに点在する廃坑を土砂や竹木で埋め立てていった・・・というもの
数年前に連続して当所を訪れている廃墟マニアさんのブログがとても詳しいのだが、その当時の入り口も埋め立てられたものもチラホラ、ということで完全に放置状態というわけではないらしい
浸水していたり、大規模すぎて迷ったり、欠落穴に落ちて出てこれないという数々の危険のある廃坑なので、地元としても何らかの対策をとったということなのだろう

ということで、以前一度一人で下見に来た際は寝仏さえ見つけられたものの、廃坑の入り口が溶接されていたり、洞窟も見つからなかったので今回も探すつもりでレッツトライ

あいあい
今日は寝仏霊園側でなくて、反対の田んぼが段々になっているもう少し上から侵入
ナビには磨洞温泉と書かれているが、交差点左上へ移転しているのでそれらしき施設はない
というより、磨洞温泉は軍事廃坑を利用した洞穴がその施設であり、今も廃坑内を探索するとマドウ温泉が営業していたころとあまり変わらない姿で廃坑内に見られるらしい。とても不思議だな
昔は美容に効くとのことで有名だったそうな、送迎バスも有り。近くに名湯、榊原温泉があるのでこの辺のお湯はやはり何かしら効能があるんだろうなー

DSC_1316.jpg

さてきた、広がる限りの竹林

DSC_1318.jpg

意外と轍がくっきりと残っているのでかんたんに奥へ、奥へ
てかすんげー綺麗だなw向きだけが惜しい|д゚)
この時点でビビり始め
「足すくんでんねんけど」って言ったら「それはチビりすぎや」とのこと
やはり一人じゃ絶対これねぇーわー

進んだ先には恐らくお年寄りが手入れをしているであろう田んぼと畝が!
廃棄のバンが林で朽ちていたり…

DSC_1319.jpg

で、簡単に行けそうな道は行き止まり。しかし先に小さな穴が!!ただ、人が入れないくらいの穴だった。
てかまた反対になってるし( ;∀;) 初発見の廃坑の手がかりなのでテンションアップ

そして引き返す、この辺でお互い疲れが出始めてる。キネ積んで、どうぞ。

DSC_1320.jpg

み つ け た
明らかに人為的な竹のバリケード
これは大当たりか!?

DSC_1321.jpg

見ずらいな(*_*;
ここは奥に繋がってるわけでなくなんというか小型の防空壕みたいな…
造りはしっかりしているのでもしかしたら内側から土嚢を積んでコンクリで固めたワンチャン

DSC_1322.jpg
DSC_1323.jpg

その後、7か所ほど廃坑への入り口と思わしきくぼみを見つけるもすべて竹木により完全に封鎖されていた
とりあえず山をある程度歩き回りながらも入れる廃坑は見当たらず、ツレのタイムリミットが近づいてきたので一端駅まで乗せていき、一人で探索続行
でも、マドウ温泉が先に来る入り口を見つける自信も無かったし、何が出るかわからない山林を一人でうろつくのは危険すぎるし怖すぎる!!ということで、再び以前の寝仏周辺まで車を飛ばす

あいう

以前は別のところに駐車したので今回は霊園駐車場を使わせてもらい進入

DSC_1324.jpg

いきなり仏がコンニチハ
さて奥に行こうか山側へ登ろうか非常に迷ったが、奥は依然少し行ったし、バイパス整備の為穴はないだろうと判断し山側へ登る
さっきまで二人で登っていたところの離れの向かい側にあたる場所で、なにやら金網があったりして怪しさ満点

DSC_1326.jpg

必死に竹を掴み支えにして登っていく、傭兵なら朝飯前だな!
そしてあらわれたバリケード、一つだけちぎれてて怪しさ満点。
この誘われてる感

DSC_1327.jpg

んお!?穴じゃねアレ穴じゃね?

DSC_1328.jpg

あったよーーー!!やべぇよ!!!!暗いしなんか奥に向かって沈み傾斜になってる!!!!!

ツイッターの動画から静止画
g35

いろんなサイトでみたものと同じじゃないですかすげーーー
ついたらついたで恐怖心が一気にマシ「今日は見つけただけで十分だから・・・」と言い訳をしながらそのまま引き返す奴
一人だと危ないからね、仕方ないね
場所は分かったからこれは四人で行かざるを得ない!!

んでもってツレが一人廃墟に興味を持った?そうで以前尻尾をまいた旧総谷トンネルをリベンジしたいそうだ
無論行きたいが二回行って打ち負かされたトンネルなので強敵すぎィ

あまり写メを取らなかったのが残念だったが次はついに本番の屋内探索だ、休みがなかなかないのでいつになるやら…

皆様も廃墟廃坑廃トンネル、どうでしょうか
意外と戦場から離れた静かで物寂しい場所も良いものですよ

☆印までのアクセス 23号線及び中勢バイパスから津市半田の三重免許センターから霊園までの道のりを行き、霊園奥の駐車場に駐車して緑の柵を乗り越えて仏像の反対の山側へ歩く。
水が通るはずだったのかわからないが掘られた向かいへ排水パイプを足掛かりに登り右上に画像の一つ抜けてるのを潜り少し危なげな道を渡ると目的地。

関連サイト
動画 
PI

大がかりな探索を行われている、詳しいサイト
Digital Artworks TeeART Blog.

ご宿泊は118号線交差点すぐそこの涼風荘へどうぞ、廃坑内で焼肉が食べたられるのだとか
また宿付近にも廃坑が張り巡らされていて、お金さえあれば皆でガッツリ探索したいなぁ~

用意したのは長靴懐中電灯

ただしすべての地下道を楽しむには作業服とフローター必須


次は絶対中を逃げ出さず見て回るぞー('ω')

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
EVE側はついにゲームタイムを購入し本格的にプレイ始動
金策がスコダイトとベルドスパーの掘削のみでも今のところは困っていない、トライアルアカウント卒業したことでレトリーバーにあと四日で乗れるはずだ。楽しみだ
スポンサーサイト
  1. 2015/04/16(木) 21:23:11|
  2. 廃墟
  3. | コメント:0
<<Battle Field  | ホーム | トレード実装及び惑星戦の調整 おまけ:各コーポの印象>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dust514

Author:dust514
DUST514のためのサイトです
管理人【hekokino sakure】
ツイッター @tasyukaiixa
所属コーポ【GALAXY T-SOLDIERS】
取得スキルリスト【http://twpf.jp/tasyukaiixa】

傭兵リスポーン数

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (25)
一読ください (1)
DUSTに慣れよう【第1】 (1)
DUSTに慣れよう【第2】 (1)
DUSTに慣れよう【第3】 (1)
DUSTに慣れよう【第4】 (1)
DUSTに慣れよう【第5】 (1)
ロールプレイ 戦場に出よう (1)
武器について (1)
装備品について (1)
車両について (1)
専門用語について (1)
DUSTじゃないブログ (3)
プレイ環境の構築 (2)
DUSTの基礎 (2)
EVE (1)
廃墟 (2)
Battle Field (1)
趣味 (1)
アクアリウム (1)

サイトリンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。