FC2ブログ

DUST514のウィキというかブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドキッうどんだらけの岡山香川の旅、廃墟もあるよ

日曜日と月曜日の二日間をかけて旅に出た('ω')
特にDUST要素はない

思い出を書き綴る|д゚)

DSC_1246.jpg
岡山の大原美術館
教授が岡山倉敷のご出身であらせられるのでメインとしていった
やはり巨額の富で世界中から掻っ攫ってきた芸術品の数々はまさに圧巻( ゚Д゚)
音声案内のアレも借りてゆっくり一つ一つ楽しめた
私はルノワールの絵がとても好きなので、「泉による女」が見れてとても感動!
帰りに大きな転写の額縁を買おうと思ったけど、裸婦ということもあるので小さいポストカードを買って額縁にいれて飾った

DSC_1243.jpg
DSC_1245.jpg
趣のある街並み
気温も涼しくてよかった

DSC_1249.jpg
DSC_1250.jpg

瀬戸大橋
きもてぃーー
ただ運転しながら撮ったので風景が撮れなかったので悔しい
瀬戸大橋に乗った瞬間思い出した
瀬戸大橋の近くにある大きなホテルの廃墟がインターを降りなければ行くことができなかったことを
帰りに注視したら数々のホテル群の中に廃ホテルが目と鼻の先に佇んでいるのがよく見えて涙をのんだ(;´Д`)

宿泊は琴参閣ホテルさん
失礼ながらレビューがとても良かったけれど、過剰に期待しすぎたのか|;д゚)
女中さんが「展望温泉は男性は瀬戸内海を一望でき、女性は山の静けさでリフレッシュできます」とのことだったが
瀬戸内海なんて見えないじゃないか(ブチ切れ)
男風呂からは街しか見えなかったので、多分女風呂の覗き防止とかそういう感じなんでしょうね
それとご飯がぶっちゃけ、値段相応飛切り美味しいというわけでもなかった、ただ見た目は綺麗だったのでそういうところで勝負してるんかな~
金比羅山の売店のおばちゃんが三重の津出身だそうで、いろいろお話を聞かせていただいてたところ
琴参閣さんは二つくらい企業を経てイオンに買収されたそうだ
なるほどなぁ



DSC_1254.jpg
DSC_1257.jpg
DSC_1256.jpg

金比羅山(こんぴらさん)
800段の階段をひたすら登る登る登る
桜が咲いていたり平坦な道や中広場があったり、それほど苦でもなかった

100円投げ入れて願い事は「事故せず帰られるように、単位が取れますように、DUSTで強くなれますよーに」

DSC_1259.jpg

降りてウドン
やっぱヒヤが美味いよなぁ!?

丸亀製麺は、丸亀って名前使ってるだけで大阪らへんの企業がやってるんだそうだとか
コスパ最強

そしてスーパー廃墟タイム
今回行けたのは、およそ10年前に廃業した「四国お祭り村」
古い物件だけあって、当時の活動写真が見当たらない…てことで益々謎めいた感じがする
お祭り村というだけあって、小さいテーマパーク的な感じかなと思っていたけれど…

まず明確な住所がわからない
金比羅山から下山し一息ついたところで、よしいこう!となり
とりあえず佐文市までは来た
までは来たものの、大きな建物らしきものもないし目立つそれらしきものがない
どこにあんだよーと目を凝らしつつ、運転してたら佐文市を通り過ぎてしまったので引き返し農作業中のおばちゃんにアタック
俺「あの~このあたりに10年前くらいにやってたお祭り村ってところがあると思うんですけど~」
おばちゃん「もう絶対入れないよ!(怪訝そうに)」
俺「やっぱりそうですよね~、まぁ一目見ていきたいだけなんで、場所だけでも~」
おばちゃん「そこのブルーシートあるでしょう、今軽トラが出てきたところ。そこの角を曲がって細い道を行くと出てくるよ」
俺「あざあぁぁっす!!!!」

まるでRPGの村人と化したおばちゃん、都合がよすぎてびっくりしたが感謝感謝

そして言われた通り道を曲がりつつミラーでおばちゃんの動向を確認
しっかり監視されていた('ω';)

イケイケで細い道をゆく、古いトタン民家がポツポツあるだけだったので不安だったが出現
しっかり四国お祭り村って案内の柱が出てた
思った、間違いなくつぶれる場所だろここ
あまりにも辺鄙すぎるし、対向車来たら終わるしみたいな狭さ
しかも人の手が入ってないから草ボーボー
乗っていった車が三菱のデリカというワゴン車だったので不安だったが
なんか車が通れるくらいには枝が避けていて、車がたまにくるというのが把握できた
巨木が折れて半分防いでたり道路が少し裂けてたり、急だったりして冷や汗かきながら登ったのだが…

DSC_1260.jpg
正門から
おばちゃんいわく「絶対入れないよ!」とかいろいろなサイトで「有刺鉄線を乗り越えるか、横の雑草林を超える」と書いてあったが
なんと施錠されていないし、若干空きかけてる・・・というより、逆に閉まらない門になってしまったようだ
ウェルカムウェルカムと言っているので、用意は何も持ってきていないが
とつにゅー

DSC_1261.jpg
DSC_1266.jpg
多分本館と、別館だと思った
実は大ホールと本館だったのだろうが

駐車場が広い!
コンクリートなので碁盤のように草がコンクリの間から規則正しく伸びている
手入れはされていない
風に揺れる木々と静けさとスマホの電池残量で恐怖心が増大
正直これで踵を返したかったが、これならまだイージーなので少し入ってみる
DSC_1264.jpg
DSC_1265.jpg
DSC_1267.jpg
わりと落とし穴があったり、ヘリポートがあったり
ヘリポートにはポルシェが飾ってあったようですね、文面が俺と似てる気がする

DSC_1263.jpg

撮ったはずの写メがきえてて本館がこの消火器だけになってる…ナンデヤ!
意味の分からない展示品らしきものが転がってたり、編み込みの椅子が点在してたり
なんだか閑古鳥の様相を思い浮かばせ一層むなしくなる
乗務員待合室があったので、おそらくバスが定期的に客を乗せてくるということになってたのだろう
乗用車じゃ対向難しいし、駐車場?か展示場所にしていたのか
まぁ人が詰めかけるという想定のキャパではない

本館は三階のテラスに落書きがあったからいけたのだろうが、まず近づくだけでもこわごわなのに行けるわけがないので、外から覗くだけ(;´Д`)
なんか物音もするし、本館からいざホールへ

DSC_1266.jpg
DSC_1269.jpg

いっけん行けそうにないなと思ったけど、よく見ると横に抜け道が!
夜に肝試しにきた人たちは行けないだろうな

この古い廃墟なのに木々で埋め尽くされていない感じが、いざなわれている感じがしてとても進みたくなくなるのである

DSC_1270.jpg

近づく、わりかし綺麗だ
多分集落だし、こういうところに落書きが好きな人たちも寄り付かないレベルの認知度なのだろうか
めちゃくちゃ怖かったが、勇気を出して入り込んでみる
一人でこんな廃墟に入れるなんてやればできるじゃないか俺
DSC_1271.jpg
ウェルカムな階段、もう片方は枯草に覆われて登れない
こちらは相当綺麗なので、何者かが住処にしているか
定期的に巡回が入っているか、管理者が来ているか

DSC_1272.jpg
スタッフ待機所か、展示部屋
綺麗ではあるが、ブラインドが風に揺らされてテラテラ鳴っているのが物凄く怖い


DSC_1273.jpg
異質の落書き、ヤバさを感じる


DSC_1274.jpg
なんかいたるところにBB弾がまき散らされているので
おそらく地元の同好会がサバゲしてるっぽい

DSC_1275.jpg


DSC_1276.jpg


DSC_1277.jpg
大ホール
ラストオブアスで仲間が敵にやられるシーンっぽい?
光が窓から入ってくるので怖くない

少し足を踏み入れただけで逃げるようにして脱出するあたりチキンと言わざるを得ない
すごい狭い道の山奥にあるので、間違いなく客入りは悪かっただろう、地元のボランティアの加勢により成り立っていたのだろうか、つぶれてしまった背景が知りたくなる
大ホールから戻る時すごい背中をずっと押される感じがしたのが怖かった(;´Д`)
こんなので津の半田寝仏リベンジできるだろうか…

DSC_1278.jpg
ナビでみたところの場所、金比羅山の裏に位置している
行きたい人はどうぞ


DSC_1279.jpg
うどん二軒目
名物灸饅(お灸饅頭)という会社がやってるうどん屋さん
団子みたいな食感、味は、う~~~~ん
赤飯があってテンションあがったけど、時間がそうとうたってたのかかぴかぴで涙目
残念!


DSC_1285.jpg
DSC_1286.jpg
DSC_1287.jpg
DSC_1288.jpg
DSC_1294.jpg
DSC_1299.jpg
DSC_1300.jpg

丸亀城
現存する天守の中で最も小さいのだそう
かなりちっさい、地元の上野城跡にたつ展望台のほうがまだデカい
200円で中に入ることができたので無論上がり込む
めちゃくちゃちっちゃい・・・しかもわりと人が多く、城内渋滞だった
階段が急だし見た感じ古かったので踏み抜かないか心配で
降りてから係りのおじちゃんに
「この階段って、いつごろのものなんですか?」って聞いたら
おじちゃん曰く「造城当時のままだよ」って言ってたヒエ怖…
でも「大昔の階段を歩けたんですね~~~!すごい!!」って感動してたら
おじちゃんから本をもらえた、やったぜ。
百本くらい桜が咲いてた、瀬戸内海の橋がみえた

DSC_1303.jpg
圧倒的三件目
醤油ひやぶっかけ、圧倒的チェーン店感を醸し出してる、がそうではない
踏みをしっかりやってるからこしあるでしょとのこと、めちゃうまいやないか!

香川は小とかいいつつ一玉(それも多い)をぶっこんでくる、中は倍
後、料亭みたいなうどん屋があまりない!どこでも丸亀や伊予製麺感
いくらでも食べられるうどんだったな!

鈴鹿→滋賀→京都→大阪→神戸→岡山(一泊)→香川
の順で6時間くらい
楽しかったけど疲れたw
岡山孤児院と廃ホテルが心残りではあるけど、有名な場所にいけてよかった

そういえば、なんとアクセスカウンターが1000になってるじゃん!
平均アクセス数が20前後くらい、すごいな…コメント数は…(;´Д`)
いつもご愛読いただけいている方、ありがとうございます( *´艸`)

なんかDUSTもまたちょっとずつ環境が変わったりしてきてるんで
前の新兵に向けたものも改変していきますよん

それではよい傭兵ライフを、明日はナゴヤドームですっ('ω')
スポンサーサイト
  1. 2015/03/31(火) 02:03:07|
  2. DUSTじゃないブログ
  3. | コメント:0
<<ちょっとしんどい( ゚Д゚) | ホーム | デスクトップPC購入>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dust514

Author:dust514
DUST514のためのサイトです
管理人【hekokino sakure】
ツイッター @tasyukaiixa
所属コーポ【GALAXY T-SOLDIERS】
取得スキルリスト【http://twpf.jp/tasyukaiixa】

傭兵リスポーン数

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (25)
一読ください (1)
DUSTに慣れよう【第1】 (1)
DUSTに慣れよう【第2】 (1)
DUSTに慣れよう【第3】 (1)
DUSTに慣れよう【第4】 (1)
DUSTに慣れよう【第5】 (1)
ロールプレイ 戦場に出よう (1)
武器について (1)
装備品について (1)
車両について (1)
専門用語について (1)
DUSTじゃないブログ (3)
プレイ環境の構築 (2)
DUSTの基礎 (2)
EVE (1)
廃墟 (2)
Battle Field (1)
趣味 (1)
アクアリウム (1)

サイトリンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。